その他ライフスタイル ライフスタイル

世界的な慢性疾患の罹患率の増加が重症患者治療薬市場を押し上げ、年率10%で成長すると予測

重症患者治療薬の世界市場は、2020年から2025年までの予測期間中、年率10%以上の健全な成長が見込まれています。重症患者用医薬品は、主に緊急時に使用される医薬品で、重篤な病気や怪我の治療に役立ちます。また、冠動脈疾患治療室(CCU)、集中治療室(ICU)、その他の特定の医療機関や外傷センターなどの特定の治療室でも使用されます。さらに、重大な合併症を治療するために取り入れられたり、手術の際に主に使用されたりします。 グルコン酸カルシウム、アドレナリン、炭酸水素ナトリウムなど、救命のためのさまざまな薬剤が重症治療薬に含まれています。

サンプルレポートの請求はこちら: https://www.reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=BWCC28

一般的に使用されるクリティカルドラッグは、オピオイド、鎮静剤、ベンゾジアゼピンです。心停止、胸痛、怪我など様々な適応症に使用されます。医療インフラが整備されていることは、重症患者治療薬市場を活性化させる重要な要因となります。

脳疾患や心血管疾患などの慢性疾患が増加していることが、救命救急薬市場を牽引する主な要因です。交通事故の増加により負傷者が増加しているため、重症患者用医薬品の使用量が増加すると予想されます。また、世界的な手術件数の増加は、今後数年間の重症患者治療薬市場の発展の可能性を高めます。その他の要因としては、多くの病院の存在、人々のライフスタイルの変化、偏った食事の摂取などが慢性疾患の原因となり、これが重症患者治療薬市場を活性化させる可能性があります。

COVID-19の症例が多い国でのICUベッド数の増加

COVID-19は、2020年3月11日に世界保健機関(WHO)によって世界的なパンデミックと宣言されました。この新規疾患は、初期患者数が少なく、その後、様々な国で感染が爆発的に増加するという特徴があります。COVID-19の感染拡大を抑えるためにロックダウンが実施されていますが、複数の国の医療システムは、重症患者を治療するためのICUベッドや支援機器などの機器の需要に圧倒されています。

セクターの概要

この分野は、ベンゾジアゼピン系、オピオイド系、鎮静剤、麻酔剤に分けられます。これらの薬剤以外にも、慢性疾患や多くの複雑な怪我の治療に多くの重症患者用薬剤が使用されています。これらの重症患者治療薬は、命を救う薬です。重症治療薬は、一般的に手術室や集中治療室で使用されます。その他の重症患者治療薬には、ニトログリセリン、アムロジピン、カプトプリル、サクシニルコリンなどがあります。最も一般的に使用されている重症治療薬はオピオイドで、重症治療薬市場全体の中でかなりの収益シェアを占めると予想されています。エンドユーザー別では、手術室と集中治療室が重症治療薬市場で大きな収益シェアを持つと予想されています。

重症治療薬の世界市場のセグメント概要

重症患者治療薬市場は、薬剤タイプとエンドユーザーに分類されています。これらの主要な市場セグメントは、さらに様々なサブセグメントに分類され、市場を詳細に調査しています。

薬剤タイプ別の展望

オポイド(モルヒネ、ペチジン、ナロキソン、フェンタニル)
ベンゾジアゼピン(Diazepam、Midazolam、Lorazepum、Flumazenil)
鎮静剤
麻酔薬
その他

エンドユーザー別(集中治療室(ICU)、冠動脈治療室(CCU)、手術室、外傷センターなど

キープレイヤーの紹介

ファイザー、キャディラ・ファーマスーティカ、アボット、トリヴェニ・ケミカルズ、ネオン・ラボラトリーズ・リミテッド、ハフキン・バイオ・ファーマシューティカル・コーポレーション・リミテッド、カンブレクス・コーポレーションなどが、世界の重症患者治療薬市場の調査に含まれる重要なプレーヤーです。

購入に関するお問い合わせ https://www.reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=BWCC28