その他ライフスタイル ライフスタイル

疼痛治療薬の世界市場規模は2027年までに85,549.3百万米ドルに達する見込み

痛みは、感覚ニューロンによって脳に伝達される不快な感覚と定義できる。痛みの悪影響は、物理的な感覚だけではありません。国際疼痛学会(IASP)によると、痛みとは、組織の損傷の可能性と結びついた、苦痛に満ちた感覚と感情の体験であるとしています。痛みには大きく分けて4つの種類があります。神経が刺激されることで生じる「神経因性疼痛」、組織が傷つくことで生じる「侵害受容性疼痛」、免疫系の不適切な反応によって生じる「炎症性疼痛」、そして最後に、原因が明らかでない「機能性疼痛」です。痛みは、健康を害する大きな問題の一つであり、調査や推計によると、成人の5人に1人が痛みに苦しんでいると言われています。さらに、世界では毎年、成人の10人に1人が慢性疼痛と診断されていることがわかっています。

サンプルレポートの請求はこちら: https://www.reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=bis25710

痛みは、慢性的、急性的、断続的など、どのような形でも発生します。痛みの原因は数多くあり、がん、術後の痛み、片頭痛、関節炎、手術後、怪我などが主なものです。2019年に実施された調査研究によると、英国だけでも成人の13~50%がすでに慢性的な痛みの影響を受けているそうです。

疼痛管理は、疼痛を評価し、疼痛による苦痛を和らげ、生活の質と健康を向上させる学際的なアプローチです。疼痛管理のアプローチは、頭痛のような突発的な痛みから、腰痛のような長期にわたる様々なタイプの痛みまで多岐にわたります。疼痛管理では、痛みを軽減したり治療したりするために様々な薬を使用しますが、その背景には様々な生理学的メカニズムがあります。薬剤は侵害受容器を標的にしたり、損傷した細胞がプロスタグランジンを産生・放出するのを防いだりします。

市場の洞察

疼痛管理薬は、痛みの感覚を予防、軽減、または停止するために、様々な方法で作用します。Report Oceanの調査によると、2019年の世界の疼痛管理薬市場は約659億6310万米ドルで、2020年から2027年の予測期間に3.9%の成長率で、2027年には855億4930万米ドルに達すると予想されています。

本レポートでは、世界レベルでの疼痛管理薬市場の成長を予測し、最新動向を把握することができます。今回の分析では、Report Oceanは、薬剤クラス別、適応症別、地域別に市場を分類しています。

薬効分類(NS AIDs(非ステロイド系抗炎症薬)、麻酔薬、抗うつ薬、抗けいれん薬、抗片頭痛薬、抗うつ薬、オポイド薬)
適応症(関節痛、神経障害性疼痛、癌性疼痛、慢性腰痛、術後疼痛、片頭痛、線維筋痛症
地域 (北米、欧州、アジア太平洋、LAMEA)

世界の疼痛管理市場を牽引する主な要因は、高齢者人口の増加です。高齢者人口は、関節痛やその他の慢性疾患に悩まされることが多いからです。さらに、がん、糖尿病性神経障害、変形性関節症などの慢性疾患の増加も、市場の成長を促しています。米国国立がん研究所によると、がん患者の約50%が中等度から重度の痛みを感じているといいます。さらに、外科手術の増加と医療費の増加が市場の成長を促しています。これに反して、薬剤の搾取、処方された鎮痛剤の特許切れ、代替品の利用可能性などが市場成長を抑制しています。

2019年に市場に最も貢献したのはオピオイドセグメントで、これは慢性疾患の有病率が上昇していることと、これらの状況下で痛みを和らげるためのオピオイドの効率が高いことによる。また、2020年から2027年の予測期間では、麻酔薬分野が最も高い成長率を示すと予想されています。適応症別では、2019年には神経障害性疼痛分野が最大の市場シェアを占めました。また、がん性疼痛や慢性腰痛の分野では、世界的な手術件数の増加や、慢性疾患の原因となる腰痛の有病率の上昇により、成長が期待されています。

世界の疼痛治療薬市場を調査・分析するために考慮した主要地域の中で、高齢化社会の人口が多く、規制条件が整っている主要国は、2019年には北米でした。しかし、薬物乱用の増加やオピオイドの中毒性により、処方されたオピオイドの使用が減少し、疼痛管理のためのオピオイド消費量の減少につながっています。一方、患者数が多く、医療費が増加しているアジア太平洋地域では、予測期間中に最も高い成長率が見込まれています。

本レポートに掲載されている「世界の疼痛管理薬」の主な市場参加者は以下の通りです。

Abbott Laboratories、Eli Lilly & Company、Neurocrine Biosciences、GlaxoSmithKline Plc.、Johnson & Johnson、Merck & Co. Inc.、Mylan NV.、Novartis AG、Pfizer, Inc.、Purdue Pharma L.P.、Allergen Inc.、Bayer AG、Bristol-Myers Squibb

市販製品

Baudax Bio社が開発したAnjeso(メロキシカム注射剤)は、単独または他の非NSAID系鎮痛剤との併用による中等度から重度の疼痛の管理を目的として、2020年2月にFDAより承認されました。本剤は、1日1回、静脈内投与で投与されます。有効成分のメロキシカムは、シクロオキシゲナーゼ2型経路(COX-2)を阻害し、プロスタグランジンの生合成を抑制することで、鎮痛、抗炎症、解熱作用を発揮します。

イーライリリー・アンド・カンパニーが開発したエムガリティ注射剤は、2018年に片頭痛の予防のために最初に承認されましたが、その後2019年に同注射剤は、成人のエピソード性群発頭痛の治療のためにFDAからさらなる承認を受けました。本剤は、エピソード性群発頭痛の発作の頻度を減少させるFDA承認の最初の薬剤です。この発作は1日に数回発生し、15分から3時間程度続きます。

Neurocrine Biosciences社が開発した子宮内膜症に伴う中等度から重度の痛みの管理を目的とした経口治療薬Orilissa(elagolix)は、2018年8月にFDAから承認されました。子宮内膜症は、生殖可能な年齢の女性の約10人に1人が罹患する一般的な疾患です。

パシラ・ファーマシューティカルズ社が開発したExparel(ブピバカインリポソーム注射用懸濁液)は、当初、術後の鎮痛効果をもたらすために手術部位に注射する単回使用の薬として2011年に承認されました。しかし、2018年には、成人患者の肩の手術後48時間の疼痛管理を助けるための神経ブロックとして使用することがFDAによって承認されました。

購入に関するお問い合わせ https://www.reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=bis25710