その他ライフスタイル ライフスタイル

眼科用ルーペ市場、2025年までにCAGR 6.5%で550百万米ドルに達する見込み

眼科用ルーペの世界市場は、2020年から2025年までの予測期間中、6.5%のCAGRで健全な成長が見込まれています。眼科用ルーペは、手技を行う際に、正確な視野を広げ、向上させるために使用します。拡大率を調整することで、術者の首への負担が軽減されるなどのメリットがあります。また、これらのルーペは調整可能であり、眼科医はユーザーの姿勢をコントロールすることができます。これらの利点により、将来的には眼科用ルーペの需要が増加すると予想されます。眼科用ルーペは、医療行為を行う際に、その作業工程を強化し、拡大することをサポートします。これらは、手術中に機能する顕微鏡の合理的な選択肢です。このような要因により、中小規模の医療機関や外来診療の現場での採用が加速すると予測されます。

レポートのサンプルコピーを入手するには、@ https://reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=24998 をご覧ください。

白内障、緑内障、屈折異常などの眼疾患の増加や眼科手術の必要性の高まりにより、特に発展途上国では眼科用ルーペの導入が進むと予想されます。世界保健機関(WHO)によると、2020年10月現在、世界で10億人以上が視力障害を抱えていると言われています。その原因は、対処できていない白内障(6,520万人)、緑内障(690万人)、屈折異常(1億2,370万人)でした。

各社は、術者の首への負担を軽減し、倍率を最適化する先進的な眼科用ルーペの開発に注力しています。これらには、より高い解像度を提供し、光学的および色の歪みがない高品質の光学系が含まれます。また、これらのレンズには、光の透過率や反射率の増加を避けるために、さまざまなレンズコーティングが施されています。さらに、処方箋付きのアイウェアを眼科用ルーペに組み込むことで、カスタマイズされた眼科用ルーペを提供しています。

市場の阻害要因としては、最小限の機能、面倒な設計、高コストなどが挙げられます。フレームは、眼科医がより優れた安定性と適応性を得られるように設計されています。しかし、構造によっては重量が増加するためにこの特性が不足し、長時間の着用には不便なルーペになってしまいます。また、安定性、バランス、操作性に優れたフレームは、コストがかかります。そのため、眼科用ルーペの普及率は低下する可能性があります。

企業は主に、術者の首にかかる負担を最小限に抑え、倍率を最適化するための高機能な眼科用ルーペの製造に注力しています。これらの製品には、色や光学的歪みのない高品質のレンズが使用されており、より高い解像度を実現しています。

市場区分

眼科用ルーペの市場は、テクノロジー、ルーペタイプ、ルーペデザイン、エンドユースに分けられます。これらの主要な市場セグメントは、さらに様々なサブセグメントに分類され、市場を詳細に調査しています。

テクノロジー別の展望(双眼ルーペ、単眼ルーペ

ルーペの種類別(ガリレオ式、プリズム式(ケプラー式)、板ルーペ式

ルーペのデザイン別展望(Through-The-Lens (TTL)、Flip up

最終用途別(病院、外来手術センター、その他

キープレイヤーの紹介

SurgiTel、SHEERVISION、Keeler、ZEISS、Rudolf Riester GmbH、NEITZ INSTRUMENTS CO., LTD.、Orascoptic、Univet S.r.l.、Ocutech Inc.、Designs for Vision, Inc.などは、世界の眼科用ルーペ市場の調査に含まれる重要なプレーヤーです。これらの企業は、その幅広い製品ポートフォリオにより、市場で大きなシェアを占めています。市場のリーダーは、先進的な技術を開発するために広範な研究に取り組んでいます。また、これらのプレーヤーは、より良い視覚体験を提供するために、より高い倍率の先進的な眼科用ルーペを提供しています。また、首への負担を軽減するために、ユーザーのPDや姿勢に合わせてルーペをカスタマイズするサービスも提供しています。

レポートの詳細を知りたい方は、@ https://reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=24998 のウェブサイトをご覧ください。