その他ライフスタイル ライフスタイル

毛包刺激性菌状息肉症治療薬市場、年率15%で成長すると予測

世界の毛包刺激性菌状息肉症治療市場は、2020年から2025年の予測期間中にCAGR ~15%の健全な成長が見込まれています。成人における菌状息肉症の罹患率の上昇は、世界の毛包刺激性菌状息肉症治療市場の成長を後押しする重要な要因の一つです。効果的な治療法を開発するための研究分野への投資が増加しており、現在進行中の臨床研究が市場の成長を促進すると期待されています。病院と研究所の連携により、新しい免疫療法薬などの新しい知見が治療の幅を広げることが期待されています。

レポートのサンプルコピーを入手するには、@ https://reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=BWCC27 をご覧ください。

毛包性菌状息肉症治療市場の成長に影響を与えている要因としては、疾患に対する認識の高まり、免疫力の低い大規模な患者層の増加、リンパ腫の癌症例の増加などが挙げられます。先進国および発展途上国における高齢者人口の増加と富裕層の増加は、毛包刺激性菌状息肉症治療薬の需要を促進します。

しかし、消費者の豊かさ、健康への関心の高さ、早期治療への意識の高まりなどが、毛包性菌状息肉症治療市場に貢献しています。また、特効薬指定や強力な研究開発パイプラインにより、今後、毛包虫性菌状息肉症治療薬市場の成長が期待されています。

米国国立衛生研究所(NIH)によると、皮膚T細胞リンパ腫の全体的な発生率は、100万人あたり10.2人となっています。菌状息肉症の発症率は100万人あたり5.6人と、皮膚T細胞リンパ腫の半数以上を占めていることがわかりました。

様々な製薬会社やバイオテクノロジー企業は、効果の高い治療法のアンメットニーズを捉え、長期的に有効な治療法を提供するための研究分野に注力しています。同時に、毛包性菌状息肉症製品の生産量を増やすための投資も増加傾向を示しています。

北米では、高齢者人口の増加に伴い、菌状息肉症の罹患率が上昇していることから、菌状息肉症治療薬市場を独占しています。北米には、ファイザー社、アステラス製薬などの主要プレイヤーが存在しており、医療費の増加に伴い、研究開発が活発に行われています。新興国では都市化が進み、経済水準が向上し、消費者のセルフケア志向が変化し、希少疾患の治療能力が向上しています。

世界の毛包刺激性菌状息肉症治療市場のセグメント概要

毛包刺激性菌状息肉症治療市場は、タイプ別、薬剤タイプ別、治療法別、エンドユーザー別に分類されています。これらの主要な市場セグメントは、さらに様々なサブセグメントに分類され、市場を詳細に調査しています。

タイプ別の展望(低分子、生物学的製剤
薬剤タイプ別の展望(ステロイド外用剤、抗悪性腫瘍剤、インターフェロン、その他
治療法別(放射線治療、光線力学的治療、標的治療、化学療法、薬物療法、免疫療法、Psoralen Plus紫外線A、紫外線B)
エンドユーザー別(病院、専門医院、その他

キープレイヤーの紹介

武田薬品工業株式会社、Merck & Co. Inc.、Seattle Genetics, Inc.、協和キリン株式会社、エーザイ株式会社 武田薬品工業株式会社、Merck & Co. Inc.、Seattle Genetics Inc.、協和キリン株式会社、エーザイ株式会社、Helsinn Healthcare SA、Horizon Therapeutics Plc.、Celegene Corporation、Azurity Pharmaceuticals Inc.、Elorac、Soligenix、Actelion pharmaceuticals Ltd.などが含まれています。

詳細なサンプルレポートのダウンロードは@ https://reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=BWCC27