その他ライフスタイル ライフスタイル

ブドウ膜メラノーマ治療薬市場、CAGR 13%で成長すると予測

ブドウ膜メラノーマ治療の世界市場は、2020年から2025年の予測期間中にCAGR ~13%の健全な成長が見込まれています。ブドウ膜メラノーマ治療の世界市場は、主に目の癌の罹患率の増加に牽引されています。この急増の大きな要因の一つは、電子機器の使用の増加です。これは、有害な紫外線がユーザーの目、タブレット、デスクトップ、ラップトップなどの電子機器に直接影響を与えるためと考えられます。例えば、米国がん協会によると、60歳以上の成人は1日に5時間以上デジタル機器を使用し、インターネットの閲覧にはラップトップ&デスクトップを好むとのことです。このことが、ぶどう膜黒色腫治療薬市場の成長を促進すると考えられます。

COVID-19インパクトサンプルレポートの詳細は@ https://reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=BWCC29 からダウンロードできます。

免疫力の低い人は、眼がんの発症に弱いです。しかし、各国の政府は、最小限のコストでより良い治療を提供するために重要なイニシアチブをとっています。このことが、ぶどう膜メラノーマ治療市場の成長を支えているのです。

新規バイオマーカーの発見がぶどう膜黒色腫治療の需要をどのように高めているか?

ブドウ膜メラノーマの診断と治療において、血液バイオマーカーを含む独自のバイオマーカーに対する認識が高まり、使用が拡大していることで、検出精度とプロセスに費やす時間が改善され、これがブドウ膜の収益機会メラノーマ市場を促進しています。また、バイオテクノロジーの技術開発により、ぶどう膜黒色腫の可能性のあるバイオマーカーの特定が進んでいます。

ブドウ膜メラノーマの診断と進行に採用されている新しいバイオマーカーには、遺伝子診断、組織診断、X線診断、生理学的診断などがあり、これらがブドウ膜メラノーマ治療市場の成長を促進すると予想されます。

ブドウ膜メラノーマ治療の機会と課題

ぶどう膜黒色腫の効率的なスクリーニングツールの開発は、早期発見とその後の死亡率低下に大きな役割を果たします。過去数十年の間に、ぶどう膜メラノーマの認識とスクリーニングが改善され、ぶどう膜メラノーマの早期発見につながっています。しかし、最終的な目的である晩期障害や死亡率の低減は達成されていません。

これは主に、スクリーニング技術が不十分で、偽陽性や偽陰性の所見も出ることが原因です。これらの基準を満たすためには、画期的なコンパニオン診断テストが、医師や患者集団に急速に受け入れられることにつながる。そのため、安全で非侵襲的なスクリーニング方法に対する需要の高まりが、予測期間中のぶどう膜黒色腫治療市場の成長を促進すると考えられます。

ぶどう膜メラノーマ治療市場の成長を妨げる要因としては、ぶどう膜メラノーマの高品質で効果的な治療サービスを提供するためには、ぶどう膜メラノーマ治療手術を行うための十分なスキルと経験が必要であることなどが挙げられます。これらの手術を行うための専門家や訓練を受けた施術者に対する需要が世界的に高まっており、ぶどう膜メラノーマ治療手術の件数も増加しています。しかし、眼がんの初期症状に対する認識の低さが、世界のぶどう膜メラノーマ市場の発展を妨げることが予想されます。

ブドウ膜メラノーマ治療の世界市場のセグメント概要

ブドウ膜メラノーマ治療市場は、ロケーションタイプ、診断テスト、眼科検査、エンドユーザーに分けられています。これらの主要な市場セグメントは、さらに様々なサブセグメントに分類され、市場を詳細に調査しています。

部位タイプ別(虹彩メラノーマ、脈絡膜メラノーマ、毛様体メラノーマ
診断検査別(高解像度超音波バイオマイクロスコープ、フルオレセイン血管造影法、超音波検査、眼底コヒーレンス・トモグラフィー、インドシアニングリーン血管造影法
眼科検査別(ゴニオスコピー、検眼鏡、細隙灯バイオマイクロスコピー
エンドユーザー別(病院、外来手術センター、眼科医院、その他

キープレイヤーの紹介

本レポートでは、Eli Lilly & Co.、Spectrum Pharmaceuticals, Inc.、Novartis AG、Bayer、Astra Zeneca plc、Merck、Amgen、Pfizer, Inc.、Rocheなどの主要企業が、ぶどう膜黒色腫治療薬の世界市場を調査しています。

レポートのサンプルコピーを入手するには、@ https://reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=BWCC29 をご覧ください。