エンタメ ライフスタイル 産業 趣味・娯楽 防災・防犯・警備

3カメラでゆがみが少なく鮮明に録画できるドライブレコーダーCD-30/CS-361FHTをセルスター工業より9月発売

 

 

 

 

ニュースリリース

2021年 9月

セルスター工業株式会社

 

 

 

 

自動車関連エレクトロニス製品の開発・製造販売を主業務とするセルスター工業株式会社(本社:神奈川県大和市、代表取締役社長:勝永 直隆)は、前方カメラ(180°)と車内カメラ(180°)+後方カメラの3カメラで、ゆがみが少ない360°+後方フルハイビジョン録画ができるドライブレコーダー「CD-30/CS-361FHT」を、9月より発売いたします。

光量の少ない夜間やトンネル内といった環境でも鮮明な映像を残すことができるので、危険な煽り運転への対策や事故の証拠映像として、また駐車中の車上荒らしやイタズラの監視・記録にも、大きな効果を発揮します。

 

 





    

前方180°+左右と車内180°+リヤの3カメラで

ゆがみが少ない360°+後方録画を実現

煽り運転/急な幅寄せ/割り込み/当て逃げ/車上荒らしなどの迷惑行為対策に最適。ゆがみの少ない映像で前後左右を記録します。車内側には赤外線LEDを搭載!夜間も鮮明に録画可能。明かりが少ない場所でも撮影できます。

 

 

 

ナイトクリアVer.2で夜間環境でも鮮明映像

STARVIS IMX307を搭載し、光量の少ない夜間・トンネル内などの場所でも、鮮明でクリアな映像を記録できます。

※STARVIS(スタービス)は、1μ㎡あたり2000mV以上(カラー品、706cd/m²光源撮像時、F5.6、1s蓄積換算)の感度を有し、可視光領域に加え近赤外領域までの高画質を実現した、監視カメラ用途CMOSイメージセンサ用 裏面照射型画素技術です。

 

 

 

 

フルハイビジョン撮影で高画質な映像を記録

200万画素フルハイビジョンで撮影。細部までくっきりとした映像で記録します。

 

 

 

 

HDR[ハイダイナミックレンジ]搭載

HDRによる画像合成技術により、急激な明るさの変化が発生しても白トビや黒ツブレを低減して録画します。

 

車内暗視カメラ 赤外線LED搭載

夜間も鮮明に録画可能、明かりが少ない場所でも撮影できます。

 

 

パーキングモードで駐車中もしっかり監視※オプションのGDO-41が必要です

常時(常に録画)、モーション(カメラが動作を検知した場合)、イベント(衝撃)の組み合わせによる設定が可能。駐車中の車上荒らしやイタズラをしっかりと監視・記録します。

 

 

様々な車に取り付け可能

撮影アングルが最適になるように、取り付けの自由度が高い専用マウントベースを採用しています。フロントガラスが寝ている車、ワンボックスのように立っている車もOKです。

 

 

 

セルスターの製品は

日本製・自社工場生産・3年保証

すべてのドライバーに安心と安全をお届けします。

 

<製品概要>

・品名:ドライブレコーダーCD-30/CS-361FHT

・希望小売価格:オープン

・[販売方法/店情報]:カー用品店、契約代理店、ネット販売 他

・発売日:2021年6月

・CD-30:専門店モデル・32GB microSDカード(クラス10)付属

・CS-361FHT:指定店モデル・64GB microSDカード(クラス10)付属

 

CD-30についての詳細はこちらhttps://www.cellstar.co.jp/products/recorder/cd/cd-30.html

 

CS-361FHTについての詳細はこちらhttps://www.cellstar.co.jp/products/recorder/cs/cs-361fht.html

 

 

 

セルスター工業株式会社

https://www.cellstar.co.jp/

〒242-0002 神奈川県大和市つきみ野 7-17-32

TEL:046-273-1100(代表)

FAX:046-273-1106

※本ニュースリースに記載された内容は掲載現在のものです。その後変更される場合があります。