その他ライフスタイル フード・グルメ ライフスタイル 社会・政治・経済

「中島大祥堂 高島屋大阪店」が2019年9月4日に改装オープン改装後は丹波栗のパイ「くりまる」など新商品が登場

~リニューアル記念!「お食事券」などが当たる抽選会も実施~

 和洋菓子製造販売の株式会社中島大祥堂(本社:大阪府八尾市、代表取締役:中島 慎介/URL: https://www.nakajimataishodo.jp/ )が展開するブランド「中島大祥堂」の高島屋大阪店が、2019年9月4日(水)に改装オープン、午前中には完売する丹波栗を一粒使用した丹波栗のパイ「くりまる」をはじめ、丹波の素材をふんだんに使用したお菓子たちが新たに登場いたします。

店舗(パース)正面

くりまる

■店舗の改装について

 2019年9月4日(水)、6.3m2であった売場面積を15.5m2に、店舗正面は進物などのドライ商品を、左手奥には彩り豊かなケーキを展開いたします。

■店舗デザインコンセプトについて

 「丹波里山」から実りと心をお菓子に込めてお届けするという世界観を、ブランドカラーに染色し、ロゴをあしらった木材で表現しています。また、高麗格子柄を取入れる事で、ブランドの持つ上質感をお伝えします。

■中島大祥堂 高島屋大阪店について

名称      :中島大祥堂 高島屋大阪店

所在地     :大阪府大阪市中央区難波5丁目1番5号 地階 和菓子売場

営業時間・定休日:高島屋大阪店に準ずる

■リニューアルキャンペーンについて

期間:2019年9月4日(水)~9月10日(火)

内容:3,000円(税込)以上お買い上げの方に「中島大祥堂 丹波本店」で

   利用ができる「お食事券3,000円分」などが当たる抽選会を実施いたします。

■「中島大祥堂」ブランドについて

 「中島大祥堂」は里山から実りと心を込め、丹波の豊富な実りを活かすことはもちろん、パティシエの技術・センスを駆使し、時代にあった新しいお菓子をお届けする和・洋ブランドです。

■商品について

 代表商品である、「いもくり」は秋の味覚“芋・栗”を使用した洋風菓子です。ていねいに裏ごしした“丹波栗”と甘みのある“なると金時芋”の繊細な風味がお互いの良さを引き立て、しっとり、満足感のある美味しさが特徴です。

 シロップに漬けた渋皮栗の粒が、なめらかな生地のアクセントとなっているお菓子で、美味しさの決め手は、洋酒やスパイス、香料などは一切使用していないため、素材そのものを、素直に味わっていただけるお菓子です。

 根強い人気を誇る「丹波栗のモンブラン~かやぶき~」は丹波に位置する当ブランド本店の茅葺き屋根をモチーフにした丹波栗のモンブランです。この「丹波栗のモンブラン~かやぶき~」を求めて京阪神はもちろん、遠くは関東からも兵庫県丹波市の店舗に「わざわざ食べにこられる」ケーキです。

 その他、この秋より新たなお菓子が登場、詳しくは参考資料をご覧ください。

 参考資料: https://www.atpress.ne.jp/releases/191693/att_191693_1.pdf