社会 社会・政治・経済

一般社団法人日本保釈支援協会の斎尾紀幸専務理事が日本経済新聞の取材を受け、8月28日に掲載されました。


一般社団法人日本保釈支援協会の斎尾紀幸専務理事が日本経済新聞の取材を受け、8月28日に掲載されました。

以下紙面抜粋です。

同協会の斎尾紀幸専務理事は「早期に保釈されれば職や住居を失わずに済む。生活の基盤を維持できれば更生にもつながる」と保釈の意義を強調する。「まれにしか起きない逃亡事件などの影響で、再び保釈の判断が厳しくなるようなことはあってはならない」と訴えている。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO49072780X20C19A8EA1000/