ライフスタイル 恋愛・ブライダル 政治 社会・政治・経済

​【九州地方初】顔も名前も知らなくても、カップル成立率50%!交換日記で婚活キャンペーン「結日記(ゆいにっき)」椎葉村で初開催・参加者募集を本日スタート

宮崎県椎葉村は、株式会社カヤックLiving(本社:神奈川県鎌倉市、代表取締役:松原佳代、中島みき、土屋有以下「カヤックLiving」)と長野県茅野市が共同企画する、市内在住者と市外在住者を繋ぐ婚活キャンペーン「結日記」を、九州地方で初めて開催いたします。茅野市で始まった本キャンペーンは、2018年11月、2019年7月と2回開催されており、今回は3回目の開催となります。椎葉村の他、福島県西会津町でも初めての開催となり、茅野市を含む3地域で11月5日に参加者を同時募集いたします。
本キャンペーンの背景として、少子高齢化や人口減の危機感などの理由から、近年自治体が行う婚活支援の取り組みが広がりをみせています。一方で、婚活企画のマンネリ化で参加者が伸びないという課題がありました。そこで、SNSなどで簡単に繋がりお互いの情報を知ることができる今だからあえて、手書きで綴られる日記を通した情報を頼りに、想像力を膨らませ相手のことを考える「結日記」が生まれました。

 

Webサイト「結日記」
https://yuinikki.smout.jp

プロモーションムービー
https://www.youtube.com/watch?v=3e-zXWGyGtE

■名前も顔も知らない男女が交換日記!?でも、驚異のカップル成立率50%
「結日記」は『恋に、想像力を。』をテーマに、2018年11月に茅野市とカヤックLivingの協業により、顔も名前も明かさないまま市内在住者と市外在住者が、交換日記を通して出会い、少しづつお互いのことを知り距離を縮めていく婚活キャンペーンです。10往復の日記を交わしたあと、お互いに会いたいと思ったら開催地の名所で2人ははじめて出会うことができます。第1弾では20~30代を中心に237名の応募から、10組20名を茅野市在住者と市外在住者でマッチング。そのうち8組が出会った結果、5組のカップルが誕生しました。現在茅野市で進行中の第2弾では、すでに15組中、2組が出会うことを予定しています。

■「結日記」の仕組み
①まずは、椎葉村在住者と村外在住者を募集し、プロフィールや希望に応じてマッチングされます。

 ②相手と会うまでは相手を特定できるような、本名、写真、SNSはいっさい開示NG。ニックネームや出身地、好きな映画など、全10ページの日記内でお互いに綴られる情報を頼りに内面を知っていきます。

 ③オリジナルの日記帳は、お互いの顔を想像しながら似顔絵を描いたり、人生の折れ線グラフを書くなど、短期間で顔の見えない相手との距離を縮められるよう設計されています。

 ④「結日記」は郵送で椎葉村の役場を仲介して交換されるので、会うその時まで、顔はもちろん、本名や住所などプライベートな情報は全くわかリません。

⑤「会いたい」と思ったら、会える日を栞に書いて日記に挟む、奥ゆかしい演出。会う場所は、村内の名所になります。

過去の結日記の模様 
https://yuinikki.smout.jp/profiles.html

■募集概要
応募条件:20歳以上の独身の男女で、企画に最後まで参加可能な方
応募締切:2019年11月19日(火)午後7時
応募方法:特設サイト(https://yuinikki.smout.jp)の応募フォームからご応募ください
募集人数:1組2名

■椎葉村について
宮崎県椎葉村は、九州中央山地の真ん中、村としては九州最大の面積となる人口約2,600人の広くて小さな村です。広大な敷地が10の地区に分かれ、点在して助け合いながら暮らしています。各地に残る昔ながらの原風景から日本のブータンとも呼ばれ、三大秘境のひとつとされている村です。最古の循環型農法の焼畑や狩猟、神様に舞いを捧げる夜神楽といった伝統文化を今も継承し、人と人の繋がりや神様への感謝を欠かさず、自然の力を活かす暮らしかたが、世界農業遺産への登録や「日本で最も美しい村」連合への加盟につながっています。鉄道も高速道路もないものの、最寄り空港から車で約2時間というアクセスはそれほど悪くなく、全戸光ファイバー完備と通信インフラも整備されています。昔と今の良いところをうまく組み合わせ、秘境という環境も逆手にとりながらたくましく生きていく姿が、「生きる力」を求める都市部の人たちを中心に、注目を集めています。