その他ライフスタイル ビジネス ライフスタイル 社会・政治・経済 経営情報

エリートモラハラ夫に悩むカサンドラ妻が急増中!11月22日、24日に池袋にて「モラハラ夫から自分の人生を取り戻す」セミナー開催

社会福祉士・自尊心回復カウンセラー、喜多野 七重(きたの ななえ)が、11月22日・24日に池袋にてカサンドラ症候群に悩むエリート妻のためのセミナーを開催します。

「モラハラ夫から自分の人生を取り戻す」セミナー

申込方法: https://www.foryourlifesw.com/blank-6

【エリートモラハラ夫に悩むカサンドラ症候群妻が急増中】

近年増加しているのがモラハラDVによる離婚。特にエリートモラハラ夫に悩むカサンドラ症候群妻が増えています。

(※カサンドラ症候群とは、アスペルガー症候群のパートナーと情緒的な相互関係が築けないために配偶者やパートナーに生じる、身体的・精神的症状を表す言葉です。)

・DV相談件数平成26年4,107件から平成30年は9,042件、4年で2倍以上に増加(平成30年度警視庁調べ)

・74%の離婚申し立てが夫によるモラハラ行為を理由としたもの

(平成29年度最高裁判所事務総局 婚姻関係事件数 申立ての動機別全家庭裁判所調べ)

上流階級バイアスのかかる40~50代で1,000万円以上稼いでいるエリート夫はモラハラをしやすくなります。

なぜなら「自分は優れているから周囲もそれに従うべきだ」という特権意識を持ち、他人を支配したりコントロールすることで自分の精神的な安定を図っているためです。

被害者である妻はモラハラ夫に支配されているため夫の実態は表面化しません。また、エリートモラハラ夫は世間体を守りたいという意識が強く人付き合いには隙がないため「あの人がそんなひどいことをするわけがない」と妻が被害を訴えてもまともにとりあってもらえません。これがエリートモラハラの怖さです。

エリート妻=勝ち組かと思いきや、離婚できずに苦しむカサンドラ症候群妻は近年増加の一途。

現在カサンドラ症候群の自助グループは全国12グループにまでにのぼります。

【きっかけは自身が体験したモラハラDVによる2度の自殺未遂】

“モラハラ男から自分の人生を取り戻す”社会福祉士・自尊心回復カウンセラー喜多野 七重は、モラハラDVで2回の自殺未遂という自身の経験を生かし、カサンドラ妻向けカウンセリングを実施しています。

毎月の相談メールは平均150件。1年間で通算200件のカウンセリングをこなし、現在インスタグラムでは3ヶ月待ちの行列をつくっています。

(実際のご相談ケース)

 専門技術職で年収1億円の夫と二児の子と暮らすカサンドラ妻Aさん。

側から見れば「高年収で家族や他人に優しいできた旦那さん」だが実際はお金の管理ができず、あればあるだけ浪費してしまうモラハラ夫。

夫本人はそのことを自覚しておらず、浪費も妻のせいにして周りに吹聴。「お前に一人で子育ても生活も出来るはずがない、離婚したら親権はもらう」「俺が養ってやっているから生活できている」「わがままで自己中心的なお前に味方はいない」などの暴言、更には生活費も満足に渡されないため惨めな気持ちで日々を生きるAさん。そんな生活に耐えられずに離婚を切り出すと、離婚はしたくないと泣いて謝るモラハラ夫。

次第にAさんは自尊心・自己肯定感を損ない「自分の努力が足りなかった、自分が我慢強くないのが悪いのではないか」という思考パターンから抜け出せず、不眠・抑うつ症状が悪化し、家事もままならなくなり離婚への一歩を踏み出せずにいました。

このようなご相談に対し、喜多野は自分自身を見つめ直し、本当に在りたい自分に気づくことで自尊心を取り戻させるという電話・対面カウンセリングを行います。さらに離婚後に向けて精神的・経済的自立の準備をサポートすることで、実際にAさんは離婚を成立させ、現在はやりたかったフラワーアレンジメントの仕事をすることができるまでになりました。

他にも弁護士の妻や医者の妻、跡取りを育てなければならない重圧に押しつぶされる良家の妻の跡取り問題や子供の引きこもりなど、相談者が変わればその相談内容も変わります。

【リアルで相談できないが故の心の拠り所】

喜多野のインスタグラムは「十分恵まれているくせにわがままな女だ!」と思われてしまう怖さからリアルでは口にできない悩みを共有できる唯一の場。知人に知られることなく自身の尊厳回復のための心の拠り所となっており、不定期で行われるインスタライブには毎回2,000人以上集まります。

11月には“モラハラ夫から自分の人生を取り戻す!~なりたかったあなたになれていますか?~”1DAYセミナーを開催。モラハラ夫とカサンドラ妻の関係性や見直し方、参加者の体験談のシェアといった内容となっており、今までの参加者からは「専門的な知識と親身な精神的なケアを両面で受けられた」「知識だけじゃなく実際に自分自身と向き合う大切さを教われた」「ありきたりなアドバイスや表面的なことだけじゃなかったので実際に一歩踏み出せた」という感想が寄せられています。

<セミナー開催概要>

開催日時: 11月22日(金)14:15-15:15/11月24日(日)15:15-16:15

申込方法: https://www.foryourlifesw.com/blank-6

会場  : 東京都豊島区南池袋3-18-37 ベストフレンドビル4階

      (池袋駅から徒歩8分)

参加費 : 3,000円(税込)

<喜多野 七重/きたの ななえ>

社会福祉士・自尊心回復カウンセラー。モラハラ夫と離婚後はシングルマザーとして社会福祉士国家試験に一発合格。カウンセラーとして独立後、離婚・不倫問題、失恋、モラハラ被害、パートナーの発達障害、カサンドラ症候群、子どものひきこもり、空の巣症候群など、女性の尊厳に関する悩みを解決し続けている。

事業所    : 〒188-0002 東京都西東京市緑町1-8-3-906

インスタグラム: https://www.instagram.com/toriaezu.ikiru

URL      : https://www.foryourlifesw.com/