ライフスタイル 医療・福祉・介護

「生体機能チップ(Organ-on-a-Chip)の世界市場:2023年予測」最新調査リリース


リサーチステーション合同会社は、海外最新リサーチ「生体機能チップ(Organ-on-a-Chip)の世界市場:2023年予測」のお取扱いを開始いたします。

【レポート紹介】
生体機能チップ(Organ-on-a-Chip)の世界市場規模は2018年の推計113億ドルから、2023年段階では606億ドルへと急速な拡大が予測されます。2018年から2023年にかけての同市場規模の平均年成長率(CAGR)は39.9%増での推移とレポートでは分析しています。
当レポートでは、2023年に至る生体機能チップの世界市場予測、各種セグメント別市場分析および予測(タイプ別、エンドユーザー別、用途別、オファリング別、主要地域別)など詳細な市場データを掲載しています。また、業界構造、競合、主要企業情報なども加えて、概略以下の内容でお届けいたします。

【英文市場調査レポート】
生体機能チップ(Organ-on-a-Chip)の世界市場:2023年予測
Organ-on-a-Chip: Global Markets
http://researchstation.jp/report/BCC/1/Organ-on-a-Chip_2023_BCC113.html

【レポート構成概要】
◆イントロダクション

◆サマリーおよび調査ハイライト

◆マーケットおよび技術背景
・創薬における進展
・市場ポテンシャル
・投資分析
・規制フレームワーク
・業界の成長ドライバー

◆生体機能チップ市場:タイプ別-2023年
・肝臓
・心臓
・腎臓
・肺
・その他臓器

◆生体機能チップ市場:エンドユーザー別-2023年
・バイオテクノロジー/製薬企業
・化粧品業界
・学術研究機関
・その他エンドユーザー

◆生体機能チップ市場:オファリング別-2023年
・製品
・サービス

◆生体機能チップ市場:用途別-2023年
・創薬、開発
・毒物学的研究
・生理学的モデル開発

◆生体機能チップ市場:主要地域別-2023年
・北米
・欧州
・アジア太平洋
・その他地域
※地域別に各種セグメント別の細分化データ掲載、詳細は目次参照

◆生体機能チップ業界の構造
・原材料サプライヤー
・製造業者
・ディストリビューター
・消耗品のエンドユーザー
・業界のイノベーション
・競合分析

◆生体機能チップの主要企業プロフィール
4DCELL
AXOSIM
BEONCHIP
BIOMIMX
BIOIVT
CHERRY BIOTECH
CN BIO
ELVEFLOW
EMULATE, INC.
FLUIGENT
HESPEROS, INC.
HUREL CORP.
INSPHERO
KIRKSTALL
MICRONIT
MESOBIO TECH
MIMETAS
NORTIS
ORGANOVO
SYNVIVO
TARA BIOSYSTEMS, INC.
TISSUSE GMBH

(全134頁)

【レポート詳細目次、データ項目一覧(List of Tables)は下記URLより当社HPを参照ください】
★お問い合わせ先:
当レポートへのお問い合わせは、下記URLより「お問い合わせフォーム」アイコンクリックにてお願いいたします。
http://researchstation.jp/report/BCC/1/Organ-on-a-Chip_2023_BCC113.html

発行元:BCC Research(米国)について
http://researchstation.jp/Publishers/About_BCC_Research.html

日本販売代理店:リサーチステーション合同会社
取扱い開始:2019年11月7日

★関連レポート
「バイオセンサの世界市場:技術別、用途別2024年予測」
http://researchstation.jp/report/MAM/15/Biosensor_2024_MAM1568.html

★リサーチステーション合同会社について
リサーチステーション合同会社は、次世代エネルギー分野を主に、グリーン経済・産業に関する各国政府・企業・国際機関などの最新情報、海外業界ニュース、市場調査データなどを収集、ご提供しているリサーチ情報企業です。
海外調査会社が発行している市場調査レポートの輸入販売を幅広くお取り扱いしているほか、完全オリジナルの海外リサーチも企画、ご提案いたします。
世界中のリサーチ会社との幅広いパイプを活用し、様々な分野のリサーチ情報を組み合わせてご提案可能です。
国際マーケット情報のワンストップサービスとして、ぜひご活用ください。
URL:http://researchstation.jp/index.html