エンタメ その他エンタメ 映画・テレビ・動画 社会・政治・経済

第72回カンヌ国際映画祭 審査員賞受賞作品STAR CHANNEL MOVIES『レ・ミゼラブル』2020年2月28日より全国公開決定!

 株式会社東北新社(東京都港区・二宮清隆社長)は、第72回カンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞した映画『Les miserables』の邦題を『レ・ミゼラブル』と決定。STAR CHANNEL  MOVIESとして2020年2月28日(金)より新宿武蔵野館、  Bunkamuraル・シネマ、 ヒューマントラストシネマ有楽町ほかにて全国公開いたします。

 

 物語の舞台は、ヴィクトル・ユーゴーの同名小説「レ・ミゼラブル」の舞台にもなったパリ郊外の町 モンフェルメイユ。現在では移民などの低所得層が多く暮らし、激しいデモや衝突が頻繁に起こる貧しい地域となっています。そこでは出身地や宗教が複雑に絡み合い対立するグループが複数存在。それがやがて事件に発展していくことに…。

 メガホンを取ったのはフランスの新鋭 ラジ・リ監督。モンフェルメイユで生まれ育ち、現在もそこで暮らす監督自身の体験した出来事をスタイリッシュな映像で描き切った本作は、圧倒的な緊迫感を放っており、2019年のカンヌ国際映画祭では「コンペ最大のショック!」という称賛とともにセンセーションを巻き起こしました。

フランスではマクロン大統領も本作を鑑賞後、自国の抱える問題を強く感じ「近隣の生活条件を改善するためのアイデアを見つけて行動を起こす」よう政府に求めたそうです。

 さまざまな問題に揺れるヨーロッパの、リアルな現在地を切り取った問題作、ぜひご注目ください。

〈STORY〉

パリ郊外に位置するモンフェルメイユ。ヴィクトル・ユーゴーの小説「レ・ミゼラブル」の舞台でもあるこの街も、いまや移民や低所得層が多く暮らす危険な犯罪地域と化していた。犯罪防止班に新しく加わることとなった警官のステファンは、仲間と共にパトロールをするうちに、複数のグループ同士が緊張関係にあることを察知する。そんなある日、イッサという名の少年が引き起こした些細な出来事が大きな騒動へと発展。事件解決へと奮闘するステファンたちだが、事態は取り返しのつかない方向へと進み始めることになり…。

 『レ・ミゼラブル』(原題:Les miserables)

※miserablesの最初のeの上にはアクサン・テギュ記号

監督:ラジ・リ

出演:ダミアン・ボナール ほか

配給:東北新社 STAR CHANNEL MOVIES

2019年/フランス/フランス語/102分/カラー/シネスコ/5.1ch

公式HP:http://lesmiserables-movie.com/

(C)RECTANGLE PRODUCTIONS

  

※“STAR CHANNEL MOVIES” とは? 

“STAR CHANNEL MOVIES”は、日本初の映画専門チャンネル、スターチャンネルの映画レーベル。感動や衝撃、忘れられない余韻が残る、私たちの“心が求める”作品を、スターチャンネルならではの視点で世界中からセレクトし、映画ファンの皆様にお届けします。

2020年2月28日(金)、新宿武蔵野館、Bunkamuraル・シネマ、

ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国ロードショー

【東北新社 会社概要】

代表者:二宮清隆

設立:1961 年4月1日

資本金:24 億 8,700 万円

事業内容:総合映像プロダクション

http://www.tfc.co.jp/