エンタメ ライフスタイル 恋愛・ブライダル 映画・テレビ・動画

映画『“隠れビッチ”やってました。』公開記念 ヴィレッジヴァンガードでキャンペーン実施中!

映画『“隠れビッチ”やってました。』が12月6日(金)に公開予定。映画公開を記念して、ヴィレッジヴァンガード店舗で関連商品を購入するとプレゼントがもらえるキャンペーンを実施しています。

映画『“隠れビッチ”やってました。』公開記念
ヴィレッジヴァンガードでプレゼントがもらえる!

ヴィレッジヴァンガード対象店舗にて、映画『“隠れビッチ”やってました。』コーナーの商品1,000円(税込み)以上お買い求めの方に非売品プレスシートをプレゼント。
※先着順、なくなり次第終了。

キャンペーン期間:11月27日(水)~12月10日(火)
対象店舗:ヴィレッジヴァンガード10店舗
・ヴィレッジヴァンガード下北沢(東京都)
・ヴィレッジヴァンガードブルービート新宿ルミネエスト(東京都)
・ヴィレッジヴァンガード渋谷本店(東京都)
・ヴィレッジヴァンガード横浜ワールドポーターズ(神奈川県)
・ヴィレッジヴァンガードビックカメラ名古屋駅西(愛知県)
・ヴィレッジヴァンガードイオンモールKYOTO(京都府)
・ヴィレッジヴァンガードアメリカ村(大阪府)
・ヴィレッジヴァンガードなんばパークス(大阪府)
・ヴィレッジヴァンガードイオンモール神戸北(兵庫県)
・ヴィレッジヴァンガードヨドバシ博多(福岡県)

※詳細はこちら
https://www.village-v.co.jp/news/media/5665

『“隠れビッチ”やってました。』
【映画詳細】
26歳の独身女・ひろみ(佐久間由衣)の趣味&特技は異性にモテること。絶妙のタイミングでのスキンシップや会話術で相手を翻弄し、「好きです」と告白させたら即フェイドアウト。そんなひろみに、シェアハウス仲間のコジ(村上虹郎)と彩(大後寿々花)は呆れ顔で「最低の“隠れビッチ”ね!」とたしなめるが、彼女の耳には届かない。ある日、気になるお相手・安藤(小関裕太)が現れるも、数年ぶりの負け試合。さらに安藤を本気で好きになっていたことに気づき、ショックを受ける。やけ酒をあおり酔いつぶれているところを、同じ職場の三沢(森山未來)に目撃され、すっかり醜態をさらしてしまう。ひろみは“隠れビッチ”だということを打ち明け、封印してきた過去と向き合い始める。本当のしあわせに気づいた時、彼女が出した答えとは…。
12月6日(金)全国ロードショー。

出演:佐久間由衣、村上虹郎、大後寿々花、小関裕太、森山未來
監督・脚本:三木康一郎
配給:キノフィルムズ
http://kakurebitch.jp/
(C)2019『“隠れビッチ”やってました。』フィルムパートナーズ/光文社
 

【原作概要】
男にチヤホヤされることで自分を満たしていた著者が、本当の自分を取り戻すまでの10年記。あなたの周りにもいるかもしれない“隠れビッチ”の生態をコミカルに描くだけでなく、“隠れビッチ”としてしか生きてこられなかった主人公が、自信のなさやコンプレックス、毒親との関係に必死で向き合う姿を描く。笑えて、苦しくて、やっぱり笑えて、ラストの切なさに身もだえる実話コミックエッセイ。
※【隠れビッチ】とは――
清純派に擬態したビッチ。メークはシンプル、髪色は黒~暗い茶系。華奢なアクセサリーを身に付け、ネイルはしない。肌の露出面積は15~20%を意識しつつ、透け感のある素材でボーダー柄や寒色系のファションを好む。

著者:あらいぴろよ
発売:光文社
発売日:2016年9月14日
体裁:四六判ソフトカバー
定価:本体1,000円+税