エンタメ 趣味・娯楽

THE GALLERY 企画展林典子写真展「If apricot trees begin to bloom」を開催- 人々が営む暮らしの傍らをナリン川は流れ、写真家はその現在をすくいあげる –

株式会社ニコンイメージングジャパン(社長:北端秀行、東京都港区)は、ニコンプラザ新宿・大阪の写真展会場「THE GALLERY」にて、林典子写真展「If apricot trees begin to bloom」を2020年1月6日(月)より開催いたします。

●作家のコメント
“If apricot trees begin to bloom (あんずの木に花が咲き始めたら―)”
早春の不安定な気候を謡ったキルギスの伝承話の一節の始まり―。春、山岳地帯からの雪解け水が川に流れ出る。昔からキルギスの民話では水は聖なる対象として描かれ、豊かなインスピレーションを生む源泉であり、人間の生活と密接に関わる存在として伝承されてきた。
キルギス共和国東部の天山山脈の氷河と雪解け水に発し、ウズベキスタン共和国東部のフェルガナ盆地までの約800kmに及ぶナリン川。この水はやがて、アラル海へと注ぐ。2012年から14年に、キルギスを訪れた時に、このナリン川を中心とした村々に滞在した。14年2月、現地で知人の出産に立ち会った際に、病院の窓から何気なく撮影した静かな真冬のナリン川。今回キルギスとウズベキスタンを訪れ、この川の上流から取材を始め、人々の営みを記録した。源流の氷河は温暖化により縮小し、金の採掘が続く。水資源管理の問題などに直面しながらも、ナリンの水は、川の周囲に暮らす人々の日常に溶け込み、変遷しながら西流していく。

【プロフィール】
 

林典子(はやし のりこ)
1983 年生まれ。イギリスのPhoto Agency「Panos Pictures」所属。 大学時代に西アフリカ・ガンビア共和国の新聞社「The Point」紙で写真を撮り始める。 第7 回名取洋之助写真賞、さがみはら写真賞新人奨励賞、フランス世界報道写真祭「ビザ・プール・リマージュ」金賞、全米報道写真家協会(NPPA) 組写真部門1 位、第16回三木淳賞など受賞。2015年、世界報道写真財団によるJoop Swart Masterclassに選出。The New York Times, ナショナル ジオグラフィック日本版、Der Spiegel、Newsweekなどに寄稿。
著書に、「キルギスの誘拐結婚」(日経ナショナルジオグラフィック社)、「ヤズディの祈り」(赤々舎)、「フォト・ドキュメンタリー 朝鮮に渡った日本人妻 60年の記憶」(岩波新書)など。

●THE GALLERY 企画展 林典子写真展 「If apricot trees begin to bloom」
会場:
ニコンプラザ新宿 THE GALLERY1+2、ニコンプラザ大阪 THE GALLERY
展示期間:
新宿 2020年 1月6日(月)~1月27日(月) ※日曜休館
大阪 2020年 2月27日(木)~3月11日(水) ※日曜休館
開館時間:
10時30分~18時30分(最終日は15時まで)

●林典子 トークイベント:
新宿
2020年1月11日(土)15時~ 長島有里枝(写真家)×林典子
2020年1月18日(土)15時~ タカザワケンジ(写真評論家)×林典子
大阪
2020年2月29日(土)15時~ 林典子
※各回、申込不要・参加費無料

●「THE GALLERY」について
「THE GALLERY」は2017年7月に新宿、2017年8月に大阪に開設された、写真文化の普及・向上を目的とする写真展示場です。ニコンの最新機材を用いて著名な写真家が制作した質の高い作品などを展示する企画展の他、ニッコールクラブ会員展、写真団体展を展示します。

■リリース全文は以下URLよりダウンロードください。
https://prtimes.jp/a/?f=d16573-20191205-3602.pdf